Tissue Engineering Support
会社概要 企業理念 個人情報取扱い方針 お問い合わせ HOME
株式会社TESホールディングス
再生医療事業部
再生医療の現状
TESの再生医療技術
技術概要
その他の研究
よくある質問
臨床研究事業部
臨床研究事業部
ヒト試験の進め方
食品評価試験
肌評価試験
In Vitro
機能性食品
モニター募集
エビデンス
関連機関
Q&A よくあるお問い合わせ

皺(しわ)、たるみ以外の効果について
眉間や額の皺(しわ)、ニキビ跡、鼻唇溝(鼻から口にかけての皺(しわ))、唇の周囲の皺(しわ)、または首筋のたるみなどにも効果的があります。
但し、皺(しわ)の深さによっては、2回の注入では、必ずしも改善効果が十分でない場合があり、そのような場合には、3〜4回目の注入を受けられることをお勧めします

対象年齢について
20歳以上を対象としています。
ただし皮膚の傷害や老化の少ない方は効果が見えにくい場合があります

痛みについて
組織の採取時:採取する歯肉が小片(3〜4mmφ程度)ということもあり、まず痛みは有りません
また、直前に採取部分に麻酔薬を注射するので、若干の差はありますが無痛です。

細胞注入時:肌の表面に麻酔テープを張り、30分程度お待ちいただきます。
また、注入液中にも麻酔薬を混ぜているので、細胞注入時の痛みは有りません。

副作用について
細胞注入後、多少患部が腫れますが、通常1日〜3日程度でもとに戻ります
また、10人に1人程度、注入時に注射針が毛細血管に触れて内出血をおこし、患部が青くなることもありますが、これについても最長1週間程度でもとに戻ります。
なお、いずれについても多少個人差はありますが、注入後、化粧をしてお帰りいただいて差し支え有りませんし、化粧により隠すことができる程度の腫れや青アザなので、副作用は極めて少ないと言えます。

細胞管理について
患者様の情報を氏名(漢字、カタカナ)だけではなく、生年月日やIDなどでも管理すると同時に、作業は常に2名以上の技術スタッフで確認しながら行なうなど、品質管理、生産管理には万全を期しているので、細胞のとり間違えは有りません。

ウィルス感染ついて
細胞や血液を採取する前に感染症の検査を行っております。
感染症をお持ちの方は、皮膚再生治療を受けることができないため、ウィルス感染はありません。
感染のある方は、別途御相談下さい。
細胞培養施設CPC(Cell Processing Center)は、高いレベルの空気清浄度を保った
無菌室(クラス10000)になっており、常に汚染度のモニターを行っている為、施設内で培養している細胞がウィルスに感染することは有りません。
なお、培養器具は一回使い捨てとし、取り扱う患者様毎に施設の殺菌を行っております

効果の発現について
通常2回目の注入後、約1ヵ月程度で細胞が生着し、コラーゲンを産生しはじめるので、この頃から効果が現れ始めると考えられます。また、私達がこれまでに得たデータでは、年齢による効果に違いが無いことが明らかとなっています。
すなわち、どの年齢の方にも肌の若返り効果が期待できると言えます。
しかし、もともと肌の状態が良い方などは、効果を実感されるのに2ヶ月以上かかる場合があります。
これまでのデータでは、肌は1年以上改善し続けることが明らかとなっている為、若返り効果は3年以上持続すると考えられます。

 
Tissue Engineering Support