Tissue Engineering Support
会社概要 企業理念 個人情報取扱い方針 お問い合わせ HOME
株式会社TESホールディングス
再生医療事業部
再生医療の現状
TESの再生医療技術
技術概要
その他の研究
よくある質問
臨床研究事業部
臨床研究事業部
ヒト試験の進め方
食品評価試験
肌評価試験
In Vitro
機能性食品
モニター募集
エビデンス
関連機関
肌妻子の

技術概要

肌再生治療(TE-SKIN)は、自己の線維芽細胞を肌悩みのある部分に注入、補充することで機能改善を目指す医療技術です。 TE-SKINは患者様の皮膚組織由来の真皮繊維芽細胞を、一定量培養し、肌に注入します。補充された細胞はやがて定着し、お肌のハリ・つやに必要なコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを産生し、お肌の元気を取り戻す働きをします。

また、従来の細胞を用いた治療法と比べ、より侵襲が少なく、また自然な治療効果が期待できます。更に、効果が2〜3年持続するため、長期的な実感が得られます。 TE-SKINは、アメリカのFDAにも認可されている肌細胞注入治療法と比較し、患者様由来の血清や品質管理において、より安心・安全な医療技術であり、また有効性がある治療技術といえます。

治療の流れ

TE-SKINは、肌細胞の老化により引き起こされる、たるみやシワ、くすみなどに効果があるとされています。

イメージ適用箇所

お顔のどこでも対応可能です。
通常の注入療法で対応しきれない、
目の周り」「目のクマ」「」などへの治療も可能です。





注入量は、お顔の部位・範囲によって異なりますが、おおよそ以下が目安です。

部  位
注入量 目安(cc)
目の周り 片側
目じり、目がしら
0.5
上まぶた
0.5
下まぶた
0.5〜1.0
鼻唇溝(ほうれい線)片側
0.5〜1.0
額部(ひたい)
1.0〜2.0
鼻根部(みけん)
0.2〜0.5
頸部(くび)
1.0〜2.0

治療は当社グループ企業提携医療機関において行われ、担当医師によるインフォームドコンセント、診察、および各検査を受けます。その結果適応と判断された場合は、担当の医師の指示に従い、治療を開始することとなります。
治療には、繊維芽細胞の培養のため、皮膚組織と静脈血を採取します。その後、採取した組織から細胞を培養し、一定量の細胞が増えたところで、注入をします。 注入は細胞の定着率を上げるため、2回が1クールとなっています。2回目の注入は1回目の注入から2週間以上空けてから、可能となっています(※詳しくは担当医師とご相談ください)。

臨床例

● 画像所見50代女性(ほうれい線)

● シワ評価

Tissue Engineering Support